実感、未来美容

女性の肌悩み、
原因はすべて同じって本当?

お肌の様子1

キメの乱れた肌
※ 乾燥によるもの

お肌の様子2

キメの綺麗な肌

女性にとってもっとも気になる肌悩み。人によって悩みは様々ですが、その原因のほとんどが 肌の「キメ」の乱れによるものなんです。
肌のキメは、当たった光を拡散反射させて、携帯カメラのソフトフォーカスフィルターをかけ た時のように、肌の上の様々な影をぼかしてくれます。つまり、キメが整っていると、肌悩み は目立ちにくいのです。ただ、肌は乾燥するとキメが乱れてくるので、乾燥していると肌悩み が目立ちやすくなってしまいます。
乾燥による肌悩みには、保湿ケアだけを徹底して、経過観察をすることをおすすめします。

化粧品だけでは1日に
必要とする保湿剤はまかなえない?

夜にケアをしても朝には乾燥を感じたり、朝にケアをしても夕方には同じく乾燥を感じてしま ってませんか。実は、化粧品だけでは一日に必要とする保湿剤はまかなえないのです。だから 、肌が元々持っているバリア機能がしっかり働き、みずからうるおう自活肌になる事=美肌菌 を育てる事が理想の肌への近道なんです。

理想的な美肌菌サイクル

  • 美肌菌が優位に
  • NMF (天然保湿因子)を生成
  • 肌が自活肌に
  • 美肌菌に適した肌環境を維持
  • 肌が健康になり、
    美肌菌の好む弱酸性になります。
  • 美肌菌が増え、
    悪玉菌に対して優位になります。
  • 肌が潤い、バリア機能が働きます。
  • 増えた美肌菌が
    NMFをたくさん作ります。

今、育菌美容が注目されています。

 肌には約1兆個の「皮膚常在菌」が存在し、「表皮ブドウ球菌」は美肌菌として有名です 美肌菌は皮脂を分解してNMF 天然保湿因子)という天然の保湿剤で肌の水分量を増やしキメ を整えてくれますが、化粧品に含まれる洗浄剤や防腐剤で簡単に流れ落ちてしまうため、常に 不足している状態です。
 近年、腸内細菌を活性化させる事で有名なオリゴ糖が、肌荒れを起こすダメージを減らし、美肌菌をサポートする事が分かってきました。オリゴロジックカルチャリングセラム & ローションは、このオリゴ糖を独自の技術により高濃度配合をすることで、今まで高価で手の届かなかった育菌美容を手軽な日常のケアとして可能にしました。

専門のクリニックが美肌菌に注目しています。

青山 秀和
赤坂ビューティークリニック 院長

女性が持つお肌の悩みは、キメの乱れからくるものがほとんどです。
キメの乱れは乾燥が原因となるため、乾燥を防いで水分量をアップする事が大切です。その働きをしてくれるのが美肌菌なのです。
美肌菌とは、皮膚にもともといる皮膚常在菌の一つで、善玉菌である表皮ブドウ球菌のことです。
美肌菌は皮脂を分解して保湿成分であるグリセリンを作り、絶えず肌に送り続ける自動保湿装置のようなものです。
美肌菌を育てるには腸内細菌を活性化させることでも有名なオリゴ糖が必要なのです。

オリゴロジックで
自分から、美しくなろう

オリゴロジックを使ったマッサージで、
気になるシミ・シワをスペシャルケア!

MANAMI

テレビがアナログからデジタルへ世代交代した途端、芸能人の方の肌のアラが気になるように 見えた方もいらっしゃると思います。それに伴ってメイクも、「隠して光で飛ばす」から「肌 自体の底上げメイク」へ、その為お肌も、「化粧品で潤わせる」から「自活肌」がキーワード となり世代交代が必要となりました。オリゴロジックはまさに現代にマッチした未来美容。自 活肌に不可欠な美肌菌によい環境を整えてくれます。軽くマッサージをしてお肌の感触を確か めながらオリゴロジックをつけていくと、より肌の活力がアップしぐんぐん肌が育つのが実感 できますよ。

MANAMI

メイクアップアーティスト

国内を始め、香港や韓国の雑誌、テレビ等で芸能人のヘアメイクを担当。また、2016年3月「 メイクの超基本と応用テクニック」(マイナビ)他、著書及び、テレビ出演多数。

 独自の技術で高濃度配合をした「α-グルカノリゴサッカリド」「ホスホリルオリゴ糖」がダブルで美肌菌に働きかけ、肌をみずから潤う健康的なハリ肌に導きます。キメを整え気になる部分もケアし透明な素肌にする美容液成分が20mLも配合された、たっぷりのうるおいを閉じ込めた贅沢なフェイスマスクです。 特に肌かが疲れを感じた時や、紫外線などでダメージを負った肌のスペシャルケアにおすすめです。

成分
水、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、α-グルカンオリゴサッカリド、ホスホリルオリゴ糖Ca、乳酸Ca、乳酸、ジグリセリン、キサンタンガム、1,2-ヘキサンジオール、クエン酸、クエン酸Na